コトのつみたて投資生活

栃木県でエンジニアをしている26歳サラリーマン。投資やお金に関する情報を中心に発信中。主に米国株ETF, 投資信託につみたて投資を実践。

周りに振り回されたときの対処法。自分のルールを定めよう。

仕事でも投資でも周りに振り回され思い悩み続けたり、後悔してしまうがあります。

そのときに助けになる考え方について記事にしました。

 

  

周りの環境や状況によって自分を失う

社会で生きていると人間関係の悪化を恐れ、周りの環境や状況に合わせてしまうことがあります。

それにより自分の行動に制限がかかってしまったり、嫌なことに付き合わされます。

また周りの多種多様の意見を聞いたり調べたりするうちに、自分の方向性を失い諦めてしまったり、あらぬ方向に向かってしまうことがあります。

それにより当初思い描いていた結果とは異なるものになってしまいます。

あまりに周りに合わせたり、意見を過剰に取り入れると目的がすり替わることが起こりえます。

そして目的がすり替わるだけではなく、次第に自分を見失います。

 

自分の定めたルールに従い行動することを心がける

周りの環境や状況によって困ったとき、自分の定めたルールに従い行動することを心がけることが重要になります。

ルールを定め行動すると、何をするにしても迷うことが少なくなります。

周りの意見を聞いたり調べたりするとき、ルールがあると線引きができ選択肢を絞り込むことができます。

また何でもかんでも付き合うのではなく、人間関係も付き合うべき人を線引きして行動を選択した方が自分らしく過ごせます。

このように信念を持ち取捨選択して行動することは個性を形成して人生の基盤となっていきます。

 

そもそも論で現状を見つめ直す習慣を身につけよう

 自分の定めたルールと異なった行動をしてしまいそうなときは、そもそも論で現状を見つめ直すと行動を修正しやすくなります。

現状と自分のルールを比較したり、現状に行き着くまでの過程で間違ったことをしていないか分析したり、基点となる考えと異なる部分を見つけ改善していきます。

そのような習慣がつけば困ったときに思い悩まず一貫した行動をし続けることができるでしょう。

投資でも情報を集めていると色々な考えがあり、目移りしてしまいます。 

しかし投資は継続することが結果を残すうえで何よりも重要なので、情報に振り回さず一貫したルールを定めて信念を持って投資した方が思い悩むことなく継続できると思います。

それが結果的に間違った方法でも継続して得た経験は教訓となり、過ごす上でプラスになります。

 

これからも役立つ考え方を発信していきます。