コトのつみたて投資生活

栃木県でエンジニアをしている26歳サラリーマン。投資やお金に関する情報を中心に発信中。主に米国株ETF, 投資信託につみたて投資を実践。

ポートフォリオ報告 (2020年2月) コロナショック発生!混乱の中、闘う者だけが生き残る…

f:id:kototen:20200308144307p:plain

 

f:id:kototen:20190526224244p:plain

「コロナの侵略が始まった…」

 f:id:kototen:20200308165418p:plain

 のちの「コロナショック」である。

最近は、世界のコロナに関するニュースやあらゆる主要企業の目標利益到達が難しい宣言、緊急金利下げなどで乱高下が激しく過ぎるっ!

続きを読む

ポートフォリオ報告 (2020年1月) 新型コロナで支配されてるけどauPAYさえあれば関係ないよねっ

f:id:kototen:20200209115107p:plain

f:id:kototen:20190526224244p:plain

「今、世間はコロナに支配されている…」

  

2020年初っ端からニュースは新型コロナウイルスについて持ち切りですね。

武漢の地獄絵図、中国の10日間病院建設術、横浜港クルーズ停泊、マスク転売問題...

 

そんなことよりも、コロっと70歳定年法が閣議決定されているのだが...

70歳就業機会確保、企業の努力義務 改正法案を閣議決定 :日本経済新聞

2021年4月に開始するみたいですね。

続きを読む

ポートフォリオ報告 (2019年12月) 2019年の株価は上昇相場でした。

f:id:kototen:20200111213642p:plain

f:id:kototen:20190526224244p:plain

「12月も株価が調子がいい…」

  

連邦公開市場委員会(FOMC)の3回連続の利下げが思った以上に市場に好影響を与えているようで市場にお金が流れているようです。

 

株価上昇により資産推移の調子が良く、2019年の資産形成に貢献してくれました。 

しかし、今月は米中貿易戦争が勃発している中、米国とイランの関係が軍事的要因で悪化しているようです。

続きを読む

ポートフォリオ報告 (2019年11月) 引き続き米国市場上昇中!資産500万突破ァ!

f:id:kototen:20191208121312p:plain

f:id:kototen:20190526224244p:plain

「11月も株価が調子がいい…」

  

連邦公開市場委員会(FOMC)の3回連続の利下げが思った以上に市場に好影響を与えているようで株価が上昇中です。

 

株価が上昇して、資産推移の調子が良いのは素直に嬉しいです。

 

しかし、トランプ大統領香港人権法案に著名したことで、米中貿易戦争に不穏な動きがあります。

続きを読む

ポートフォリオ報告 (2019年10月) 米国市場上昇中!資産推移も順調に進む!

f:id:kototen:20191103170412p:plain

f:id:kototen:20190526224244p:plain

「10月は株価が調子がいい…」

  

連邦公開市場委員会(FOMC)は市場の予想通り3会合連続で利下げにより金融緩和されました。

 

今後は追加の利下げは休止するようです。

でも今後、景気後退になったときのために余力を残しておかないと対策ができなくなってしまうので、当然の判断だと言えます。

 

また米中で貿易協議が進展の見通しが見られたので、さらに株価上昇の助けになったようです。

続きを読む

ポートフォリオ報告 (2019年9月) ついに10月から消費税10%へ...日本のキャッシュレスを広める動きについて。

f:id:kototen:20191009193904p:plain

f:id:kototen:20190526224244p:plain

「ついに消費税10%に…」

 

今年10月から軽減税率の対象となった生活必需品(食品・新聞紙)以外は消費税が10%になりました。

 

駆け込み需要で日用品や高額商品(電子機器やブランド品など)が9月末に売れていたようですね。

 

続きを読む

ポートフォリオ報告 (2019年8月) 逆イールドにより景気後退の懸念。人生を豊かにするための3つの資本と3つの資源の重要性。

f:id:kototen:20190901175541p:plain

 

8月は米中貿易戦争が動きました。

 

対中関税第4弾が9月1日に一部発動して、これからますます激化しそうです。

 

また逆イールドが8月14日に2年物国債と10年物国債で発生しました。

 

今年3月にも3ヶ月物国債と10年物国債で発生していました。

 

逆イールドは、通常の短期金利が低くく長期金利が高い状況が逆転してしまう現象のことです。

 

銀行は短期金利で資金を調達し、長期金利で貸し出します。

 

つまり逆転してしまうということは、銀行側が融資することでもらうインセンティブが発生しません。

 

なので逆イールドにより、企業側が資金を調達しづらい状況となり、時間をかけ景気後退する可能性が高まります。

続きを読む